脱毛サロンを複数掛け持ちすることは可能?

脱毛サロンを複数掛け持ちすることは可能?のサムネネイム画像 最近新たな顧客を確保するため、様々なキャンペーンやお得な特典を受けられるような脱毛サロンが増えています。

例えば、ある脱毛サロンの1店舗で脱毛を受けている場合、他の脱毛サロンの特典に心惹かれたとして複数の契約を掛け持ちすることって可能なのでしょうか?

今回は脱毛サロンを複数掛け持ちする行為は「アリ」なのか「ナシ」なのか調べてみました。

RelatedPost

脱毛サロンの複数掛け持ちはできるの?

すでにA店という脱毛サロンで施術を受けている状態で、B店の脱毛コースにも魅力を感じて契約を結ぶ・・・ということはできるのか否かですが、答えは「それぞれ違う部位の脱毛であれば問題ない」です。

違う部位であれば掛け持ちは「アリ」で、同じ部位だと「ナシ」な理由を見ていきましょう。

他の脱毛サロンと掛け持ちするときは部位が被らないよう注意

人気脱毛サロン・ミュゼプラチナムでは公式ホームページに「他のサロンで脱毛を行った場合、一ヶ月間ミュゼでは脱毛を行うことができません」という表記があります。

ミュゼの見解としては他の脱毛サロンでの脱毛方法が分からない中、手探りの状態で施術するのは安全面を考えるとリスクが高まるので、同じ部位の脱毛の掛け持ちをお断りしているとのこと。

他の脱毛サロンで脱毛したところを施術してもらうには一ヶ月待たなくてはなりませんが、別の部位であれば何ら問題ないので他の脱毛サロンとのコースを掛け合わせて通うことができます。

具体的にいうならミュゼで顔まわりの脱毛を受け、他店でVIOラインの脱毛を受けるなどの通い方なら禁じられていないということです。

定められたルールさえ守れば脱毛サロンの掛け持ちは可能なので、賢く掛け持ちして計画的に脱毛を行っていくのも一つの手ですね。

ただし注意事項として「月一回ペースで脱毛の掛け持ちを行うのはメリットが半減する」というポイントがあります。

せっかく2つの脱毛サロンで脱毛を行うことができるのに、どうして月1で同時に通ってはいけないのでしょうか。

毛周期を正しく理解しよう

脱毛を行うスパンとしては2〜3ヶ月に一回ペースで行うのが一般的です。

どうして2〜3ヶ月に一回ペースなのかというと、体毛が生え変わるタイミングは「毛周期」が深く関わっているからです。

簡単に言うなら「毛周期」とは古くなった毛が抜け落ちて、新しい毛が生え変わる周期と考えてください。

毛周期は成長期・退行期・休止期と期間が分かれています。

三つの周期がサイクルしていくのがおよそ2〜3ヶ月なので、「成長期」のタイミングを見計らって脱毛サロンでは施術が行われます。

月に一回成長期のタイミングを狙って照射した後に、間隔を空けずにもう一回照射したとしても効果はあまり期待できません。

脇やVIOであれば三ヶ月、手足は二ヶ月半から半年など、部位によって毛周期が異なるからです。

脱毛を一回受けるごとに正しい間隔で「おやすみ期間」を入れないと、お肌に多大なる負担をかけることに。

さらに注意点として「近くの部位同士での脱毛の掛け持ち」もNGです。

例を挙げるならVラインと下腹部をそれぞれ違う脱毛サロンで施術してもらおうとなったとき、各サロンで照射する範囲が異なっているので、光を当てる部分が重なってしまうことがあります。

掛け持ちで脱毛を行うのであれば近い体のパーツ同士は避けて施術を受けるようにする、そして毛周期のサイクルを理解し賢く脱毛を行っていきましょう!

脱毛サロンを掛け持ちするといい人の特徴

脱毛サロンを複数掛け持ちすることは可能?のサムネネイム画像では具体的にどんな人が脱毛サロンを掛け持ちすると良いのでしょうか。

たくさんの脱毛サロンがあってどこを選べばいいのか悩んでいる人

「脱毛サロンや脱毛のコースは沢山あるけれど、どこがいいのかよく分からない」そんな人もいることと思います。

それに脱毛は一回で完結するものではないので、安易に全身脱毛契約を結んでしまうと何十万と費用がかかってしまいます。

いろんな判断材料がないとなかなか契約に踏み込めない気持ちもあるかと思うので、2店舗ないし3店舗に分けて脱毛サロンを掛け持ちするのがいいでしょう。

全身脱毛というよりいくつか部分的な脱毛を行いたいという人

全身脱毛を考えているわけではなく、いくつか部分的な脱毛を行いたい人は脱毛サロンをいくつか候補にあげて、脱毛コースを掛け合わせるとお得に脱毛が行えます。

キャンペーンでお試し価格を掲げている脱毛サロンと他の脱毛サロンの通常コースを掛け合わせたほうが安く費用が済むものもあるからです。

人気の脱毛部位である「脇」や「VIO」はキャンペーン価格で試すことができたりするので、積極的にキャンペーンを有効活用していきましょう。

回数制の脱毛コースで契約したものの回数に満足がいかなかった人

6回・12回・18回など、回数を決めて脱毛コースを契約したはいいものの、脱毛の回数内で納得のいく結果に至らない場合もあります。

そんな人は追加料金を支払って数回脱毛を施術できる脱毛サロンもあるので、脱毛を行なっていたサロンで新たに契約を結ぶより数回いくらと決まっているコースのある脱毛サロンを有効活用したほうがコストを抑えることができます。

脱毛サロンの掛け持ちに向いていない人の特徴

反対に脱毛サロンをいくつか掛け持ちしないほうがいい人の特徴をあげていきます。

全身脱毛をお考えの人

あらかじめ全身脱毛を考えている人は一つのサロンで集中的に施術を行ったほうが面倒も省けるので掛け持ちには向いていません。

先ほども掛け持ちで脱毛を受ける時の注意を記載しましたが、脱毛サロンによって照射する範囲が違うため脱毛の仕上がりにムラが生じてしまい、納得のいく脱毛結果に及ばないことがあります。

キャンペーンを有効活用して掛け持ちを行うといいですよ、とアドバイスもさせていただきましたが、お試しとしてサロンに通っていると大半の方が全身脱毛を検討するようになるようです。

無駄な出費を省くため、脱毛サロンの掛け持ちは慎重に選びましょう。

カウンセリングの時間に耐えられない人

脱毛サロンでは初回、必ずカウンセリングが入ります。

サロンのスタッフが脱毛を考えている人の要望や理想を正しく理解し、施術に生かすためです。

およそ一時間ほど使ってカウンセリングは行われるため、2店カウンセリングを受けると二時間近く時間を使うことになります。

わずらわしい思いをしたくない人は目星をつけた脱毛サロン一本に絞ることをオススメしています。

違う部位の脱毛掛け持ちはどんなプランがある?

いざ脱毛サロンの掛け持ちを行おうと思ったとき、どんなプランで掛け合わせたらいいのか悩みどころです。

あくまで一例ですが、有名脱毛サロン同士のプランの掛け合わせ方を紹介します。

ミュゼプラチナム+脱毛ラボ

  • ミュゼ:両脇+Vライン美容脱毛完了コース¥108
  • 脱毛ラボ:選べる部分脱毛28箇所 12回コース¥158,738
※脱毛ラボには「ふたまた割」と呼ばれる掛け持ちすると割引される特典があるので、¥158,738-ふたまた割¥5,400=¥153,466トータル:¥108+¥153,446=¥153,554

ジェイエステティック

ジェイエステティックには「美肌脱毛¥300 両ワキ12回(五年保証つき)」+好きな部位3つが選べるコースがあります。

こちらのコースは一回分なのですが、脱毛を回数制コースで契約していてそちらのコースは終了したものの追加で脱毛を行いたいという場合に最適です。

1から脱毛を始めるより格段と安い価格で脱毛を追加で行えるのでお得なコースとなっています。

まとめ アイコン まとめ

脱毛サロンの掛け持ちは結論から話すと「他の部位同士ならOK」であることが判明しました。

最初に脱毛を行なっていた脱毛サロンとは違うサロンで再び脱毛を受けようとなると、一ヶ月置いてからでないと施術不可です。

脱毛サロンによって施術のルールや使っている器具の種類など異なるので、安全性を考えた上の「施術不可」なのです。

脱毛サロンの掛け持ちは全身脱毛をお考えの方のためのやり方ではなく、どちらかというと数カ所にわたって脱毛を行いたい方向けといえます。

以上を踏まえて正しい脱毛サロンの掛け持ちを行うようにしてくださいね!