ミュゼプラチナムの脱毛効果はどれくらい?

ミュゼプラチナムのサムネイル画像 電車の中吊り広告などでもよく見かける、ミュゼプラチナム。「ワキ脱毛し放題で100円」など格安のプランを謳っていますが、実際の脱毛効果はどのくらいなのでしょうか? ここでは、ミュゼプラチナムに導入されている脱毛法や料金形態についてご紹介していきます。

RelatedPost

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムのサムネイル画像
「友達にオススメしたくなる!」と話題の脱毛サロンとして知られるミュゼプラチナム。会員数は驚きの330万超えを誇っています!スタッフの丁寧な対応や確かな脱毛効果が人気の秘訣。怪しいサロンに行くと強引な勧誘を受けることがありますが、ミュゼプラチナムはそのような噂も立てられていません。
価格・費用
脱毛の効果
スタッフの質

みんなのクチコミ

  • avatar

    接客が丁寧で勧誘がなく、解約金がないので契約に踏み切ることにしました。安心して通えるサロンです。

  • avatar

    担当者によって腕が違います。最初にライトを転がしてくれた担当者はゴリゴリ力強くされていたかったですが、次に担当してくださった方は本当に丁寧で、安心して施術を受けることができました。担当者ごとに差が出てしまうと期待が募るぶん、対応の悪い人だとがっかりしてしまいます。

  • avatar

    店内が綺麗で清潔感があります。施術を行う個室にローションが置かれていて試せるのですが、突然オススメされても肌に合うかどうかわからないのでそういった面ではすごくいいなと思いました。

ミュゼプラチナムの脱毛法は?

脱毛サロンで一般的に導入されている脱毛法は、「光脱毛」と呼ばれる方式です。

医療脱毛ではレーザー式やニードル式の脱毛方式をとる場合が多いですが、サロンの光脱毛は肌に光を照射する方式なため、比較的肌へのダメージや痛みが少ないのが特徴です。

光脱毛では、照射した光エネルギーがメラニン色素を攻撃し、毛根を破壊します。

黒色にだけ反応するので、肌を傷めることなく毛乳頭部分や毛母細胞にピンポイントで働きかけることができます。

光脱毛には、大きく分けて「IPL方式」と「SSC方式」の2種類が存在します。

キセノンランプの光エネルギーで毛の組織を破壊するのが「IPL方式」、ジェルの上から光を当て、その相乗効果で毛の成長を抑える方法で脱毛を行うのが「SSC方式」です。

ミュゼプラチナムが採用しているのは、こちらのSSC方式です。

SSC方式ってどんな脱毛法?効果は?

SSC方式に使われるジェルの中には「フィニリーブ」という抑毛成分が入った「トレジャービーンズ」という小さなカプセルが入っています。

このカプセルに光を当てることでカプセルの膜が破れ、脱毛成分が毛穴に浸透していきます。

特に、ミュゼプラチナムで使われているジェルには美容成分が含まれているため、脱毛だけでなく美肌効果も期待できます。

また、SSC方式はIPL脱方式用いられているキセノンランプより肌に優しいクリプトンランプを使っているため、より肌に優しいお手入れが可能です。

産毛にも効果があるという点もIPL方式より優れているのですが、ただし太い毛への効果はやや劣ると言われています。

より高い脱毛効果を期待するならIPL方式が、肌への安全性を優先するならSSC方式ということですね。

しかし、それほど大きな差があるという訳でもないので、あまりこだわり過ぎる必要もありません。

効果が薄いと感じたら

ミュゼプラチナムの脱毛効果は、上記の通り十分に保証されています。

しかし、いくつかの条件によっては、十分に脱毛効果が見られない場合があります。

可能性の一つに、自己処理による不備が考えられます。

脱毛ライトは毛の色素に反応してダメージを与える仕組みなので、毛抜きや脱毛ワックスを使ってしまうと効果がなくなります。

カウンセリングでも説明されることですが、毛を抜いてしまった場合は施術までに3週間以上間隔をあけなければいけません。

また、シェービングが不十分な場合はその範囲を避けて施術するため、毎回処理し切れていない毛が残っていると十分な効果を得られない可能性があります。

乾燥肌や日焼けした肌の場合も十分にライトが当たらず、効果が薄くなってしまいます。

また、毛には周期があり3ヶ月ほどで一周すると言われています。

成長中の毛が少ない場合、せっかく施術をしても効果のある毛が少なくなっているかもしれません。

そういった点に心当たりがなければ、脱毛方法があっていない可能性が高いです。

別のサロンや医療脱毛に切り替えることも検討し、ミュゼプラチナムに相談してみましょう。

また、スタッフによるライトの当て漏れである可能性もあります。

シェービングする前のムダ毛の状況を写真に収めておき、施術後2〜3週間立っても毛が抜けない場合はその写真を見せてサロンに相談しましょう。

初めてプランがとにかく安い!

他サロンに比べて、初回契約者向けの安価なプランが特徴のミュゼプラチナム。

常に何かしらの「期間限定キャンペーン」をやっています。

2019年1月現在なら、Lパーツ4ヶ所もしくはSパーツ8ヶ所を各5円で1回限り脱毛できる「脱毛5円均一」や、全身脱毛一回分を3回に分けて通うことができる「年間パスポート」などが開催されていますね。

余談ですが、ミュゼプラチナムのwebサイトはプランの詳細が分かりやすく記載されており、他サロンに比べて親切な印象です。

毎回プランの内容は微妙に異なりますが、注意すべきは「初めて契約する人限定」であるという点。

例えば足のみを集中的に脱毛したいなら脱毛範囲を一ヶ所に絞れるようなプランが、全身脱毛を考えているなら全身脱毛1回分が〇〇円…などと謳っているプランが開催されているタイミングを狙って契約するのがいいでしょう。

もちろん、この格安プランだけで通っているお客さんもたくさんいますので、他に部位を契約しない場合でも遠慮をする必要はありません。

脱毛完了までにかかる施術回数は?

安さが魅力のミュゼプラチナムですが、脱毛効果についてもほかのサロンと同等のものが見込めるようです。

しかし、脱毛完了にかかる施術回数は何回ほどになるのでしょうか?

公式ホームページでは、「「5〜6回ほどのお手入れで脱毛効果を実感できる」との記載があります。

サイトで紹介されているプランにも、4回と6回の脱毛にかかる金額が記載されています。

しかし実際のところ、6回で脱毛が完了するのはかなり稀な例で、多くの人は12回以上かかってしまうようです。

よって脱毛完了にかかる金額は、4回施術×3と考えておくのが良さそうです。

ミュゼプラチナムの料金プラン

ミュゼプラチナムには、大きく分けて3つのプランが用意されています。

①脱毛完了コース

脱毛が完了するまで、何度でも施術が可能なコースです。

通い放題の全身脱毛コースは存在せず、両ワキ+Vライン脱毛・両ワキ脱毛・Vライン脱毛の3つが存在するのがミュゼプラチナムの特徴です。

格安プランが用意されていることが殆どなので、お試し感覚で始めてみるのも良いでしょう。

②セットコース

ミュゼプラチナムでは、需要の多い範囲がセットになったコースが豊富に用意されています。

ただし、公式ホームページには4回・6回の料金のみ記載されていますが、脱毛を完了するとなると12回以上の施術を覚悟する必要があります。

デリケートゾーンをカバーした「ハイジニーナ7コース」は108,000円、「全身脱毛コース」は12回で567,000円、全身から複数箇所を自由に選択できる「全身脱毛コースライト」12回で283,500円という計算になります。

他サロンに比べても、かなり高めであると言えるでしょう。

③フリーセレクトコース

好きな部位を一ヶ所から、自由に選択できるコースです。

セットに比べて割引が適用されていないため、フリーセレクトコースのみを選ぶのはあまりおすすめできません。

セットプランにオプションとして追加するなどの使い方が良さそうです。

まとめ アイコン まとめ

ミュゼプラチナムの魅力は、やはり宣伝通りの格安プランにあります。

しかし脱毛の効果も決して低いということはなく、むしろ美肌効果が得られるなどSSC方式ならではのメリットもあります。

うまくタイミングを選べば、希望の部位を破格で脱毛することができますよ。

しかし全身脱毛に切り替えるとなると、ほかのサロンに比べてもかなり高くついてしまいます。

手軽な部分脱毛プランを契約し、全身脱毛がしたくなった場合は「乗り換えプラン」などを利用して、他サロンに移るのも一つの手です。